RECOMMEND
RECOMMEND
How to Save a Life
How to Save a Life (JUGEMレビュー »)
The Fray
UKっぽい。癒し系。
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

妄想学院大学 幸せ構想学部

見ない人には単位あげません。学部概要は左下のPROFILEを参照して下さい。
<< 海外からのオファー | main | ブログタイトル変えちゃいました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ユキチ、カムバック〜レジに並んだ後ろの視線〜
こんばんは。



夜の帰路も、財布の中身も寂しい俺の登場です。

昨日行ったファミレスで、自分が払った額が100円多いとかで友人にダダをこねた小さい小さい俺の登場ですよ。



It's a small world.



財布の中身がヒデヨ一枚ではこんな気分にもなりたくなります。

でもほんとはね、とてもこころのひろーいおとこのこなんだよ。

そう、とってもとっても・・・









湿っぽいデスクに佇む食い物クンたち。

これは今晩の戦利品でございます。

えー左から63円、53円、53円でございます(発泡酒除く)。

え?馬鹿に安くないかって?

すべて廃棄予定の半額の品々なんでこのようなリーズナブルな価格が実現したわけです。

近所のコンビニではAM1:00頃になると、役立たずどもがレジ前のカゴにぶち込まれて売っぱらわれるという、なんとも残虐な措置がとられています。

その救世主(メシア)となるべく、俺が今日も聖地に参上したわけです。

いつものようにカゴを貪り漁っていると、今日は思わぬ邪魔が入ったんです。

人間とも思えぬ形相でカゴにしがみついている俺の背後を取ったのは、真っ赤なコートに身を包んだエレガントな美女でした。

カゴからゲットした品々をレジカウンターに並べたとき、


 背後からの彼女の視線を感じた。ような気がした。


ここから俺の被害妄想VS美女が始まったんです。



被害妄想発動の俺から見た美女の思考

「コイツ半額品しか買ってねぇw

金ないならコンビニ来んなよwww

しかもお酒は発泡酒ですかw

ビール買う金ないなら中途半端に発泡酒買わないで見栄張んないで大人しく「だいさんのびいる」でもすすってろよwww

ていうか小銭ガチャガチャしてんじゃないよ、おせぇなー

あ、そうか小銭しかないのかwww

ゴメン、アタシが悪かったwwwwww

まぁセレブでお金も心もヨユーヨユーなアタシが待ってあげるからさw

どう?この赤いコート似合うでしょ?」




しかし実際は

「お会計まだかしら(もしくは何も考えていない)。」

こんなもんでしょう。

彼女の思惑の真偽は彼女のみぞ知る。

それはそれは身が削られるような思いでした。

ちんたらと会計を済ませた俺はいつもの3倍速で店を出ました。

こうして、今日も被害妄想で我が数少ない貴重な脳細胞を何個も無駄にしてしまったわけです。



しかし、こうした被害妄想は今に始まったものではあえりません。

買い物のときレジに並んでいるとき、背後の視線が気になるのは俺だけでしょうか?

スーパーでオバチャンに背後取られたときも気が気でありません。


「このオバチャンのキャリアから考えると俺の今晩の献立が予想されてしまう!

それだけならまだしもパクられてしまう!

一家代々伝わる秘伝の味がああああ」



とかなんとか。

エッチなビデオは堂々と借りるんですけどねぇ。



「今晩のおかずですが何か?」



という挑戦的な態度でレジに差し出します。

店員が女性であろうとも

昔みたく、恥ずかしさのあまりAVをヒューマンドラマ系のビデオの間に挟んで


「エロビデオバーガー」


なんてことはもうしてません。

東京で確実に成長してるよ俺。ママン・・・



それはさておき、買う物も見られたくないですが貧乏を女性に悟られるのはもっとイヤです。

こんな小心者になってるのも貧乏が悪いんです。

カッコよくないのに、カッコつけたがりの俺。カッコイイ。

その意識は逆説的で哲学的なのである。

最初に書いたとおり、極貧状態だった俺の財布の中身は本日はヒデヨ三枚にまで落ち込んでいました。

が、今日このタイミングでインターンの今まで通った分の交通費が会社様から頂けたんです。

封筒を開けると・・・

「OH!ユキチ、ヒサビサダヨーアイタカッタヨー」

慶應義塾大学卒の社長は、そのありがたき創始者をみじめな私めに授けてくれたのです。

もうなんていうか、



↑コイツがE缶使った感じ。「てれれれれれれれれれれれ」

わかんない人すいません。

これで当分ライフの心配はなさそうです。



まぁなんだか一貫性のない文になってしまって申し訳ないですが、一言で言うなら、皆さん忘年会やクリスマスやらで、お金垂れ流さないようにしてくれってことですたい。



それではまた。


↓人気ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックお願いします。
| - | 03:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:23 | - | - |









http://kokochiyoioto.jugem.jp/trackback/22