RECOMMEND
RECOMMEND
How to Save a Life
How to Save a Life (JUGEMレビュー »)
The Fray
UKっぽい。癒し系。
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

妄想学院大学 幸せ構想学部

見ない人には単位あげません。学部概要は左下のPROFILEを参照して下さい。
<< 誘う男・断る女 | main | 魔法がかかった >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ありがとう」を何日休んでいますか?
「ありがとう」

さりげなく、ありふれた言葉だけれども、これを聞くと俺はとても幸せな気持ちになる。


最近、年上の人と比較して同年代の若者はこの言葉を使えていない気がします。

若いモテモテ連中は

「愛してるよ」

「好きだよ」

「今一人?何してんの〜?」

とか言いまくってるんじゃないでしょうか。

まったく羨ましいけしからんことです。

ちなみに俺は「愛しているよ」長期休業中です。

営業再開の目処は立っておりません。

そんなことはどうでもいいんですが、とりあえず皆さんにも「ありがとう」ってもっと言って欲しく思います。



俺が今日紹介したい「ありがとう」はこんな言葉の「ありがとう」と11月25日(土)全国公開の映画「ありがとう」です。

先日マスコミにもなった気分で、試写会というありがたいものに参加させていただき、この作品を観てきました。

阪神・淡路大震災をベースに展開されるこの作品は平山譲原作のノンフィクション映画で、実在したエピソードだからこそ心打たれるシーンが多々あります。

俺も昔大阪に住んでいて、親の転勤で静岡に引っ越しました。

運がよかったのか、大震災が起こる3ヶ月前に引越し自分は被害を受けませんでしたが、見たことや行ったことのある場所が見るも無残な状態になってしまったのをブラウン管を通じて目の当たりにし、非常にショックを受けたのを今も覚えています。

こんな大地震というネガティブなテーマを扱ってはいますが、そんな苦境の中で再生していく主人公や周囲の人々、そして家族愛。

周囲の人に「ありがとう」と無性に言いたくなってしまう作品です。



最近心が乾いている人、「ありがとう」と言っていない人に是非見てほしい映画です。

個人的にご家族と、大切な人と見ることをお勧めします。

この映画を見ると・・・

夫は毎晩のようにヴィトンやらグッチやらのバッグを買って帰るようになり、彼がドアを開けると妻が両手を広げて甘えてくるでしょう。

オヤジを毛嫌いしている娘さん、そんな父親の靴下の匂いまでも愛おしくなるかもしれません。

家族っていいなぁ。

映画について詳しくは↓

11月25日(土)全国公開・映画『ありがとう』



今日も一日、みんなに「ありがとう」。



↓人気ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックお願いします。
| 流行 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:21 | - | - |









http://kokochiyoioto.jugem.jp/trackback/17