RECOMMEND
RECOMMEND
How to Save a Life
How to Save a Life (JUGEMレビュー »)
The Fray
UKっぽい。癒し系。
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

妄想学院大学 幸せ構想学部

見ない人には単位あげません。学部概要は左下のPROFILEを参照して下さい。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ストーカーをやっつけろ
最近ストーキングされてます。

ヤツは毎日まるで図ったかのように同じ時間にしかも深夜にメールをよこします。

私が夜行性なことを知っているとなるとよく知る知人か、はたまた盗聴されているのか。

しかしヤツは外人です。

私には英語圏の外人の友人はいないので、どうやらどっかで知らぬ間に惚れられていたらしいです。

好いてくれるのはいいんだけど、まず言語を合わせてメールしていただきたい。



「Mだからってナメんなよ・・・」



加えて、毎回毎回「〜$」という数字がいっぱい記載してあってどうやら援助交際希望の様子。



「時代は変わったな」



とそんな不純な異性交遊が乱れ交う日本の未来を憂いながらタバコをふかし、今日も私はそのメールをスルーします。




とポジティブシンキングしてみたものの、ただの迷惑メールでしたorz

ケータイの迷惑メールかなりウザいですよね。

しかしそれ以上にめんどいのがPCの迷惑メール

大量に届く上に、気付くとすんごく溜まってます。

しかし、PCには素っ裸のケータイと違ってボディーガード雇ってます。


ウイルスバスターくんです。


こいつがなかなか優秀なヤツでして、ウイルスはもちろん迷惑メールも処理してくれます。

上のリンクから30日間無料DLができるんでおためしあれ。

か弱いPCをストーキングから守ってくれるなかなかのイケメンです。

まぁ何はともあれ、PCの対策は万全なわけなんですが、ケータイはまるで田舎から出てきた娘が歌舞伎町ほっつき歩くくらい危険にさらされてます。

ケータイにもウイルスバスター入れられんのかしら。



しかし、ケータイに毎日メールを送ってきたヤツはここ2日ほどぱったりと音沙汰ナシ。



「あれ?今日はまだ来ないな。

 ・・・

 ・・・・・

 ・・・・・・・

 少し気になっちゃっただろ!!





「会いたい」と言われたら会ってしまうかも。

迷惑メールに恋をしてしまいそう。。。

よくある、「押して引く」という常套手段です。

業者の皆さん、そして女の子さんたち。この押して引く作戦は寂しがりやの日本男児には特効です。

と、迷惑メールを勧めてどうすんねん。




ケータイの迷惑メールはスルーするか、おとなしくメアド変えてください。

純粋にウザイだけで、一利ナシの(迷惑メールコレクターとかの変態なら話は別だけど)PCの迷惑メール対策には


ウイルスバスター2007


是非使ってみてくださいな。



ちなみに全く相手にされていないのに、「お誘いメール」とか「日記メール」とか送る男性諸君!

キミたちのその行為は迷惑メール以外の何ものでもないからやめよう!

特に日記メールは迷惑度はSランクだ。

女性はしばしばそれをネタにでカフェでお茶を楽しんでいるんで気をつけよう。

そんなメールをPCに送ろうものならウイルスバスターで葬られますよ。

ちなみに私は電話で誘う派です。

これまた迷惑度SSランクだ。

なんたってメールと違って断る口実考える時間が無い!

そんで悩んでいる相手を間髪容れずに強引に誘ってしまうのだ。



「ふははははは」




ウイルスバスターが進化してメールだけじゃなく迷惑男児をも駆除するほどのモノになったら・・・

私が葬られる日も近いかもしれませんorz



↓人気ブログランキングに参加しています。
 クリックしていただけると嬉しいです。当校の人気順位が分かります。
| いんたーねっと | 00:10 | comments(3) | trackbacks(13) |
年収○億のチャリンコ男。
いきなりですが、皆さんは「ひろゆき」と聞いて何を連想されるでしょうか。


「俺のこと?」


と思われた、これを見てくれているひろゆきさんも、もしかしたらいるかもしれません。



俺はなぜか、「忍空」というジャンプでやっていた漫画のペンギンのキャラを思い出します。

「忍空」、2話くらいしか読んだ記憶ないんですが。

主人公の名前とか全く出てこないんですがペンギンの名前が「ひろゆき」ということと、フンドシのキャラがいたことだけは鮮明に覚えています。



こんなもん見つけましたがやはり「ひろゆき」で圧倒的なのは「あの人」でした(投稿数少ないけど)。

http://find.2ch.net/enq/result.php/2612



上の結果の通り、こんなインターネットを見ていらっしゃる方々思い浮かべる「ひろゆき」は一人しかいないことと思います。



西村博之

1976年11月16日、神奈川県生まれ。

いわずと知れた、巨大インターネット匿名掲示板サイト『2ちゃんねる』の管理人。

また(株)スキップアップ顧問、東京プラス社長、ニワンゴ取締役などのあらゆる肩書きを持っている。

そのほかに、うまい棒好きやゲーマーとしても知られている。



〜早稲田大学メディア創研access作成パンフレットより一部抜粋〜



まぁこんなありがたい方の講演会が早稲田祭2006という学園祭であったので、普段はロクに行きもしない我が学び舎(寝床とも言う)・早稲田大学に休日にもかかわらず乗り込んできました。

どうでもいいけど今日初めて知った正式名称は、「今日から俺は!」という漫画の作者・西森博之に酷似している。




先にお断りしておきたいのは俺は「2ちゃんねらー」と呼ばれるほどの者でもありません。

書き込みをしないで、見ているだけ(いわゆるROMってる)です。

でも見てる歴は結構長い。浪人時代にサーチエンジン使ってたら見つけたの以来だから5年くらい?

本当の2ちゃんねらーからしたらニワカだと思うので恐縮ですが。

しかし最近は無駄に見る機会も多く、友人から早くもねらーの称号をいただいてしまいました、ハイ。

否定はしないし、逃げも隠れもしません。

基本、チャットするとき2ch用語満載くらいのライトユーザーです。

ようやく通訳なしでも2chを解読できるレベルに達しました。いいことなのかどうかは別として・・・

(;´Д`)ハァハァ


俺のアタマには「ひろゆき=2ch管理人」という情報しかなく、ルックスもその生態も全く謎だったのでかなり期待を胸に西早稲田キャンパスへ乗り込みました。


会場付近に着くと他のイベントとは比にならないくらいの長蛇の列。

予想以上に人(2ちゃんねらー)が多い。

普通の授業で半分も人が半分も埋まらない教室も、今日ばっかりは瞬時に満たされる。

立ち見が出てしかも入場できずに泣く泣く帰る人も。

ひろゆきの偉大さ(?)を思い知る。

10分前に行って辛うじて座れた俺は

「ちょwwwお前ら普段は来ないクセにwwwねらー大杉wwwwww」

と2chっぽいツッコミを頭の中でレスしますた。

とはいうものの、もちろん俺もそんな一学生ですorz



来場者のスペックは早大生率が40%くらい。

早稲田の祭なのに主が少ない。どうやらひろゆき目当ての外部の方々が多数来場していた模様。

女の子は20%くらい。オサーンもちょっといた。

ちなみに

やっぱオタっぽい人が多かった

なんかニヤけた。



なんだかんだでサークルのMCを挟んで始まったインタビュー開始。

簡単に俺の得たひろゆきのスペックを皆さんに晒してみます。

ルックス:写真も見たことのなかった俺だが彼は意外にイケメン。サラサラの黒の長髪に髭を整えていた模様。端整な顔立ち。

キャラ:ボケというよりツッコミ。MCにツッコミいれまくって会場を沸かした。切り替えしがウマイ。落ち着いた口調で話す。場慣れしてそう。

彼女:アリ。結婚はまだする気はないらしい。子供が嫌いだからとか。

年収:サマージャンボ宝くじのケタまでいっている模様。2億くらい?物欲あんまり無いっぽい。金持ちはケチってやっぱ本当ですかね。

ファッション:野宿してもモウマンタイな格好というのが彼のコンセプトらしい。ダサくはない、カジュアルな格好に下はサンダル。ワロスwww

交通手段:早稲田までチャリンコ。なんとリーズナブル。家は高田馬場から近いのか??


とりあえずこんなカンジだが、彼を一言で表すなら

適当

な人間っぽい。


訴えられても裁判に行かない。

2ちゃんねるという掲示板サイトを始めたきっかけがそもそも「自分が管理やコンテンツ作成しなくて、ほっといても勝手に機能する」という理由。

2chで多発しているリアルを巻き込む事件に感心があまり無い(彼に責任はあまり無いのは事実だが)。

上場に興味なし。今以上の巨額の富を得ること・社会的地位などに関心が無い。

何より基本的にめんどくさいことがキライ。



なんか近年IT業界を盛り上げるライブドアの堀江元社長サイバーエージェントの藤田社長、今お騒がせのソフトバンクの孫社長に比べて野心、やる気がない。

しかし、そのやる気なさオーラに惹かれたのは俺だけか??


肩の力抜いて、やりたいようにやってきた、そんな彼が運営(基本放置らしいけど)するからこそ1000万人もの人が使うモンスターサイトになったんではないでしょうか。



と華麗にフォローしてみる。



「健全なサイトは多数あるが、危ないサイトは少数。健全よりもアブナイ方が色んな人が来るので面白くなる。胡散臭さこそ2ちゃんねるの価値」


彼のこんな趣旨のコメントが印象深かった。

やる気なさそうでも、随所にアタマのキレるニオイを醸し出していて



「( ´_ゝ`)フーン」(まじめに)



と、やはりウラのネット業界を最前線から引っ張る逸材なんだと認識せざるをえませんでした。

 

しかし最も印象深かったのはひろゆき本人ではなく、隣に座っていたネイルもしているような ごく普通の女の子が、配られたパンフに


ブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃

だの

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

だの、大量にシャープペンで落書きしまくっていることでした。

ソレがまた無駄に上手かった




「女の子のねらー(;´Д`)ハァハァ」




こうして俺のキモイ夜は今日も更けていく。




↓人気ブログランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックお願いします。
| いんたーねっと | 06:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
一度感染してみたら?
ウイルス怖えー

感染して初めてその怖さが分かる。

ウイルスといってもエイズとかじゃあありません。エイズの怖さはハンパありませんが。パペットマペットがエイズ検査のCMウザイくらいやってますねー

パソコンのウイルスです。

「フツーの善良なインターネットユーザーなら無縁のもんだろ。」

俺はそう考えてました。甘く見ていました。

しかし意外にもウイルスは身近なところにいたのです。

あれほど「直リンクを踏むな」といわれているトコで俺はそれをクリックしてしまい、瞬時に感染してしまったのです。

2ちゃんねるで。

アレは1年以上前だったかな。

今やすっかり国民に忘れられた過去の人・サッカー大久保嘉人のリーガ・エスパニョーラデビュー戦。

マジョルカVSデポルティーボだったかな。

俺はサッカーマニアの癖にスカパー入っていなくて、どうしても試合の経過が生で知りたくて「2ちゃんねる」のサッカー版で実況を見ながら妄想をしようとしていました。

大久保が決めた!

アシストした!

そんな2ちゃんねるの書き込みを胸躍らせながら見ていました。


すると

大久保とロナウジーニョが肩組んでるww

こんな書き込みとリンク先が貼られていました。

「見てー!!」


と思いそのバカな2ちゃんねる初心者の俺はURLをソッコーでクリックする。

そこに映ったのは・・・

漆黒の画面。それは果てしない闇。

何も映らない。しかもブーとか凄いノイズが鳴った。

ソレがウイルスということは瞬時に分かりました。

機械音痴の俺はウイルス対策もしないで、のほほんとパソコンを使用していたため、ヤツの感染力はハンパありませんでした。

ホームページが外国のわけわからんとこと繋がり、インターネットオプションで何度変えようと試みても元に戻ってしまう。オマケに時間が経過すると勝手に海外のアダルトサイトに飛ばされる。うがー。

「お・・俺の戦闘力をはるかに超えてやがる・・・」

そう判断した俺はソッコーでパソコンを初期化するという事態に。

といっても当時パソコンをまともに使えなかったので(今もだが)、iTunesに入った曲1500曲くらいで被害は抑えられた。

コレが就職活動中や社会人になった後だったら・・・

考えるだけでおそろしか。

にしてもあんな簡単なエサで釣られてしまった俺。

貼ったヤツはそぞかしほくそ笑んでいることでしょう。

「お嬢ちゃん、アメあげるからついておいで」でついていってしまう並みに単純です。

「ママン、東京もインターネットも怖いところだよ・・・」

そう頭でつぶやき、以後2ちゃんねるでは警戒しまくってます。見ないにこしたことはないんですが。


というわけでウイルスくんは結構そのへんにいます。皆さんも気をつけてください。特に2ちゃんねるでは・・・是非下のウイルスソフトで対策を。


↓今すぐ無料ダウンロード!!

ウイルスバスター2007

http://www.p-advg.com/r?bid=201870&lid=9


↓人気blogランキングに参加しています。お気に召しましたらクリックお願いいたします。


| いんたーねっと | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) |